奄美ICTの前田守のブログです。「奄美でもできる。奄美だからこそできる道がある。」と信じています。
by DrMaeda2005
カテゴリ
全体
人材育成研修
活躍するOBたち
私(前田)のこと
未分類
以前の記事
防人の詩


 忘れられない詩。

 僕が物心ついて、祖父に叱られた経験は2度しかない。ひとつは農作業中に祖父に甘えたとき。すごい剣幕で怒られた。僕はただ悲しかった。もうひとつが、この「防人の詩」だ。

 仲代達矢演じる「乃木希典」。
 丹波哲郎演じる「児玉源太郎」。
 三船敏郎演じる「明治天皇」。

 映画「二百三高地」。

 この映画の主題歌が、さだまさしの「防人の詩」だった。


 太平洋戦争で出征した人々の胸の奥に秘められたものが何かは、私には分からない。けれども、祖父が、生涯、戦争の話をしなかったことから伝わってくる想いがある。

 今にして想えば、祖父にとって「防人の詩」は琴線に触れるものだったろう。そしてまた、この詩を幼いながらに歌っていた僕にとって、祖父を思い出すとき、この詩が思い出されて仕方ないのだ。

 祖父を亡くし、私も2児の父となった。
 だが、二百三高地をみると、今でも泣けて仕方ないのだ。

――――――――――――――――――――
 わずかな生命のきらめきを信じていいですか
 言葉で見えない望みといったものを

 去る人があれば 来る人もあって
 欠けてゆく月も やがて満ちて来る
 なりわいの中で
――――――――――――――――――――


 生まれたばかりの、小さな会社。
 従業員は僕も含めて2名。

 まだ、看板もできていない会社。2ヶ月、売上がなければ電話帳から名前が消えてしまう会社。そんな会社なのに、とびっきりの人材が働いてくださることになった。意欲と能力を持つ彼女を紹介してくださったのは、Aさん。

――――――――――――――――――――
 去る人があれば 来る人もあって
――――――――――――――――――――

 7月1日。
 奄美ICT株式会社がこの世に生まれた。今月いっぱいは手続きで追われるが、短期間ながら、身の丈にあった、優秀な人材を揃えることができた。

 充分な社会経験と豊富な職歴。なにより、人として油がのった年頃の人たちで固めることができた。男女を問わず、それぞれが部門リーダーとして活躍したキャリアがある。みずからの手で、仕事を、人生を掴みとってきった人たちだ。

 人生は思い描いたとおりになる。

 きっと、この産みの苦しみを乗り越え、わが社は成長する。

 第一に、利益を出し、
 第二に、仕事を通して、働く人を活かし、
 第三に、みずからの問題を処理すると共に、社会に貢献する。


 もう悪夢は消え去り、夢から目が醒めた。

 これからは思う存分、戦う限りだ。
[PR]
by drmaeda2005 | 2008-07-12 20:11 | 私(前田)のこと
<< DVD頒布決定!郷土教材映画「... 奄美ICT株式会社の設立前後 >>