奄美ICTの前田守のブログです。「奄美でもできる。奄美だからこそできる道がある。」と信じています。
by DrMaeda2005
カテゴリ
全体
人材育成研修
活躍するOBたち
私(前田)のこと
未分類
以前の記事
ピンチは何十回とあった

 4月15日。

 仲の良い若手経営者とベテラン経営者と私の3人で、食事をご一緒した。この日、私は多忙だったこともあり(いわゆる気疲れ)ほとんど会話を出来ずに、聞き役にまわっていた。

 私と仲の良い若手経営者は、規模の拡大よりも、個人としての幸せを求めている。私は一定の規模までの拡大を目指しており、そのために、時に応じて、みずからの役割を果たすことにしている。どちらもまだ経営をスタートさせたばかりのヒヨッコなので、どちらが正しいともいえる段階ではない。

 そんな中、ベテラン経営者が、いろいろと気づきを与えてくれた。とても有り難い。

 いくつもの経験談のなかで、私には響く言葉があった。

 「50年近い事業経営のなかで、ピンチは何十回とあった。」
 「自分が倒れたら、子ども達をはじめとした家族、親、兄弟、親戚。みなが浮かばれない。」

 決して裕福とはいえない家庭環境から、このベテラン経営者は創業社長として事業を興し、小さいながらも、家族や兄弟、親戚を支えてきた自負がある。良いときよりも、苦しいときのほうが長かった。でも、潰すわけにはいかなかった。

 経験こそが説得力を持つもの。

 スタートしたばかりの僕らには、とても有り難い勉強になった。

 愚痴をこぼしている場合ではない。挑戦するかしないかは、自分が決めることだ。たとえ、他人に非難されようとも、精一杯、浮かび上がるために努力しているかぎり、乗り越えられるもの。

 ピンチは何十回となくあった。

 いつの日か、私もこう言える人間になりたいものだ。
[PR]
by drmaeda2005 | 2009-04-16 14:48
<< 大島海峡を挟んだヤドリ浜の景色... 1年かけて起業するということ >>