奄美ICTの前田守のブログです。「奄美でもできる。奄美だからこそできる道がある。」と信じています。
by DrMaeda2005
カテゴリ
全体
人材育成研修
活躍するOBたち
私(前田)のこと
未分類
以前の記事
大島海峡を挟んだヤドリ浜の景色を眺めながら
 4月22日。

 瀬戸内町のヤドリ浜にあるマリンステーション奄美で、「知事と若手経済人の意見交換会」が開かれ、私も参加させて頂いた。参加された若手経済人20名のうち、16名が意見や質問を出し、伊藤雄一郎鹿児島県知事が考えを述べる内容だったが、伊藤知事の頭の回転の速さには、ほんとうに驚いた。

 16名の多岐にわたる内容について、時にユーモアを交えて、知事なりの見解を分かりやすく伝えるというものだったが、知事は戸惑うことなく、堂々とお答えになった。公共事業については厳しい見通しである事を指摘した上で、地域のみなさんで智恵を出して欲しい旨を再三にわたって伝えておられた。

 私自身、陳情というか「あ~して欲しい」「こ~して欲しい」という類は好きではない。記録に残るという意味では要望を述べることも大切だが、限られた時間の中で意見を交換するならば、より建設的な事を話したいと思っている。

 私がお伺いしたのは、奄美地域における起業家育成について。

 知事の見解は、鹿児島県は制度としてさまざまな支援をしているので起業家支援のさまざまな制度を有効活用して欲しいという事と、地域振興という視点からは産業自体を生み出すような起業家が育って欲しいという事をお話いただいた。知事の根底にある想いとして「観光と農業」で島おこしができないだろうかという問いかけもあった。


 起業者の正確な数字は把握しにくいが、ひとつの指標として、最新の「事業所・企業統計調査」によれば、奄美市では年間100件ぐらい新設事業所が開設される。すべてが起業者の事業所という訳ではないが、この数字を前提にすれば、奄美群島振興開発基金の起業・開業関係の融資業務や保証業務が年間20件ぐらいあることを考えると、奄美群島において、奄美群島振興開発基金は起業時の資金調達先として、極めて重大な役割を担っている。

 限られた時間の中で、立ち入った内容にまでは踏み込めないものだ。私は制度が整っている事ではなく、その制度の運用面について、もうすこしお伝えしたかった。この点については、別の機会に、もっと踏み込んで訴えよう。

 意見交換会も終わり、ヤドリ浜を一望しながら、知事と立ち話をできる機会があった。

 伊藤知事がまだ総務省の職員だった頃、このヤドリ浜やホノホシ海岸を訪れたことがあったそうだ。その時の思い出を話してくださった。想いのある方だった。

 奄美大島のすべての首長さん・県議員さんたちも交え、ささやかな懇親会が開かれ、一日を締めくくった。その後、私は古仁屋までバスで送って頂いた。古仁屋では、私の家族が迎えに来てくれた。


 4月22日は僕の誕生日。

 幼い頃、どうしても欲しかった野球のグローブ。小学校2年生のときに、母に買ってもらった事を憶えている。野球は上手ではなかったけれども、近所の友人たちと一生懸命、来る日も来る日も練習したものだ。

 僕の次男坊からのバースデープレゼントは煙の消える灰皿。ヘビースモーカーの僕には有り難いものだ。長男坊からのプレゼントは野球のグローブだった。忘れていた宝物を手にしたような気がした。
[PR]
by drmaeda2005 | 2009-04-24 12:00
<< もうすぐ1年目を迎えます ピンチは何十回とあった >>