奄美ICTの前田守のブログです。「奄美でもできる。奄美だからこそできる道がある。」と信じています。
by DrMaeda2005
カテゴリ
全体
人材育成研修
活躍するOBたち
私(前田)のこと
未分類
以前の記事
人生のスイッチ

 6月。
 この1ヶ月で6件のプロジェクトに着手した。1つのプロジェクトをこなすだけでも、クタクタになるものだが、この夏は6つも抱えることになる。「人生のスイッチ」が入りそうだ。

 弊社がプロモーションを担当しているクライアント企業のイベントが今日と明日行われる。天気は、あいにくの曇天・雨天だが、従来と比べて、プロモーションに対する反応はあきらかに変わってきている。現場で働くみなさんの意欲も随分と高まっている。このイベントの結果から、「やればできるんだ」と確信して頂ければ、これからのプロモーションは全社一丸となって取り組んで頂けることだろう。

 久しぶりに、弟にメールをした。
 別件で構想している新事業の件で、どうしても弟が経営する会社と提携する必要があった。兄弟で力をあわせて、とまではいかないだろうが、きっとうまくいく。

 長男坊が小学校の図書室から「リンカーン」「二宮金次郎」を借りてきてくれた。児童向けに書かれた偉人伝だったが、目頭が熱くなった。批評家には、いつでもなれる。誰だって歴史のうんちくを語ることはできる。問題は実践できるか、だ。

 幼くして親を亡くしても、
 何度、選挙に落選しようとも、
 人に馬鹿にされようとも、
 恵まれない家庭生活を過ごそうとも、
 たとえ、子を亡くしたとしても、

 心に思い描き続けているモノは、多少の時間差とともに、事象として現れるもの。


 幾たびか辛酸を経て、志はじめて堅し
 丈夫玉砕すも、せんぜんを恥ず
 一家の遺事、人知るや否や
 児孫のために、美田を買わず


 僕の志。
[PR]
by drmaeda2005 | 2009-06-27 11:51
<< 出村邦彦の新刊「だから儲かった... もうすぐ1年目を迎えます >>