「ほっ」と。キャンペーン

奄美ICTの前田守のブログです。「奄美でもできる。奄美だからこそできる道がある。」と信じています。
by DrMaeda2005
カテゴリ
全体
人材育成研修
活躍するOBたち
私(前田)のこと
未分類
以前の記事
<   2006年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧
ウィーンで大島紬、大活躍!
 大島紬村の越間さん、極寒にも負けず、精力的にウィーンで大島紬の紹介をされています。

ウィーンのデザイン学校

 名瀬市IT企業塾受講者が、日本を跳び越しヨーロッパで活躍されています。ほんとうに嬉しい限りです。言葉も習慣も文化も違う人間同士が、ひとつのデザイン、ひとつの伝統工芸品でつながるって、不思議なものですよね。これからも、故郷・奄美の大島紬を世界に知らしめてほしいです。頑張ってください。
[PR]
by DrMaeda2005 | 2006-01-31 19:47 | 活躍するOBたち
金融機関職員の方々の講演は2月17日に決定!
 名瀬市IT企業塾で地元金融機関の職員の方々の講演をお願いしていましたが、時期が決まりましたので、お知らせします。

 2月17日(金曜)午後6時30分~9時30分。

 講師は、
 奄美大島信用金庫 本店 融資部長の坂元部長。
 奄美群島振興開発基金 融資課の実氏。

 になります。

 当日は坂元部長と実氏に各1時間ほど講演して頂きます。質問などがある方は、事前に質問事項をまとめておいて、質疑応答の際に、積極的にご質問ください。

 ささやかながら、講演終了後には、坂元氏・実氏をお招きして懇親会を予定しています。

 普段は金融機関の職員さんとは、なかなかお話しする機会がないと思いますので、ふるってご参加くださいね。


 ※2月17日に予定していた前田幸俊先生の講演は、2月10日に行います。
[PR]
by DrMaeda2005 | 2006-01-31 19:41 | 人材育成研修
昨日の講習は大爆発でしたね(^○^)
 昨日の講習は素晴らしい盛り上がりを見せましたね。本当に嬉しかったです。

 magunamu2005さんのブログで金融機関との付き合い方から始まり、大島紬事業者同士の勉強会の発足。沖縄での同人誌発掘。朝日新聞夕刊一面でのカラー記事掲載。名古屋タイムス掲載。南日本新聞掲載。中部のテレビ・ラジオ局取材。特産品協会さんの問い合わせなどの、さまざまな事例が報告されました。

 電子メールを利用したコミュニケーションからドラッカーの中小企業の組織論。雇用・起業に関する支援策や助成金など、ボリューム満載の講習になりました。

 たった4ヶ月の名瀬市IT企業塾ですが、受講生のみなさんは、素晴らしい成果をあげているのではないでしょうか。

 自腹を切ることになりますが、名瀬市IT企業塾終了後に、スペシャルゲストをお呼びしようと考えています。時期は3~4月。受講者はIT企業塾塾生のみ。20名のためだけに、私の知っている起業家の中でも、有数な方をお呼びするつもりです。

 「冷徹な虎」VS「名瀬市IT企業塾」。

 IT企業塾メンバーと生のトークバトルを繰り広げましょう。地元の新聞広告などは一切使いません。IT企業塾メンバー以外は、奄美の方は誰も、この対決を知りません。4ヶ月間、みなさんが頑張ったご褒美として、そして、今後も頑張る記念として、開催できるようにしましょう。

 きちんと決まりましたら、あらためてご報告しますね。
[PR]
by DrMaeda2005 | 2006-01-28 15:03 | 人材育成研修
経験者はかく語りき。
 magunamu2005さんが刺激的な投稿をしてくださいましたので、私もすこし。

 中小企業にとって運転資金は生命線です。民間金融機関のプロパー融資はてっとりばやいのですが、利用するためには実績が何よりものを言うようです。また、5年程度は成長が見込める事業のほうが、借りやすいでしょうね。

 で、民間の金融機関よりも(奄美の場合、多少時間がかかっても)政府系金融機関は一度は利用しておいたほうが良いでしょう。国金さんと商工会議所さんのマル経で危機を免れた事業者も多いですし、第一次産業(農業)で融資を受けようとするなら、奄美群島振興開発基金さんは、はずせないでしょう。


 ちなみに@やっちやばの2階の増築工事は、多少の手元資金+民間金融機関のプロパー融資で、資金調達しました。

 民間金融機関さんはかなり応援してくださっています。というのも、当社は鹿児島県から「経営革新計画の承認」をいただいているからです。

 経営革新計画の承認を受けたから融資されたのではなくて、正確には、中小企業経営革新計画の承認を受けるために、当社がすべての書類・資料を作成し、さまざまな状況を予測した上で、鹿児島県にも、政府系金融機関にも、民間金融機関にも、きちんと、私の言葉で説明できたからだと認識しています。

 実際のところ、ここ数年は、奄美地域の金融機関は大きなリスクはとれない仕組みになっています。当社も事業構想の時点で金融機関に相談に行っても、門前払いだったことでしょう。金融機関まわりはストレスが溜まるものです。一行目は反発。二行目は歯がゆさ。三行目は絶望。無駄な金融機関まわりは、心が萎縮するだけです。


 経営革新計画は、良くできた制度ですよ。
 事業計画を外部の専門家に「丸投げ」する経営者さんが多いようですが、自分の事業プランを他人に「丸投げ」しては、いったい、何のための経営でしょうか。

 私は経営の目的は「いかにして存続なさしめるか」だと考えています。事業には働く人の夢があり、想いがあります。スタッフは生活の資のためだけに働く時代ではありません。スタッフの想いを実現させる企業・そうでない企業。どちらが愛されるでしょうか。


 経営革新計画を、自分の言葉で仕上げてみる事。
 役に立たないシミュレーションと呼ばれても構いません。しかし、きちっと100ページ以上の資料を、ご自分で作成すれば、事業の課題は絶対に浮かび上がってきます。その課題を埋めていくのも良し、課題の解決を後にして強みを活かしても良し。

 この事業計画を練るためには、絶対に必要なことがあります。内部と外部の(自分なりの)分析です。競合相手を答えられない事業計画は意味がありません。もちろん、天才的なイノベーション能力を持つ方もいるでしょう。市場を創造できる天才です。しかし、ほとんどの場合、事業は「既存の事業に、ほんのすこしの工夫・変わった切り口」で開けるものです。

 カイゼン(改善)は世界の言葉です。華やかな舞台を狙うよりも、カイゼンのほうが失敗しない確率はずっと高いものです。

 真っ向勝負の競争相手もいれば、間接的に競争する相手もいます。狭い島で競争なんてとお思いになるかもしれませんが、そうではありません。私たちが島の中で活発に経済活動をすればするほど、この地域は蘇るのです。競争のない社会(たとえば全体主義など)は、人々の意欲を食べる獏のようなものだとお考え下さい。

 それから、資金計画。これもいやになるほど勉強してください。裏表紙の言葉ですが「ベンチャーの挫折の原因はいつも同じである。第一に、今日のためのキャッシュがない。第二に、事業拡大のための資本がない。第三に、支出や在庫や債権を管理できない。」

 ファインプレーを狙う必要はまったくありません。堅守にかぎります。

 自分の言葉で練りに練った事業計画。
 そして、事業に対して揺らぐことのない信念。

 これで資金調達がうまくいかないときは、事業計画を見つめなおして、再チャレンジです。


 5年で上場する企業もあります。30年かけて上場する企業もあります。

 急激な成長がもたらす苦しみを、少しだけですが、私も経験しました。マネジメント不能に陥った事業は、人の心を病ませ、疑心暗鬼をもたらし、やがて思考が停止します。

 自分の天命を知ったなら、じっくりと「志」という柱に支えられた螺旋階段を、登っていくだけです。「焦らず」「今の生活を考え」「次代を想い」小さく始めた商いを、揺ぎ無い大木に育てて生きたいものです。

 真摯な姿勢で生きていく。
 とても難しいことですが、才覚のない私には、これしかないように思う次第です。

 経験者が語る(^○^)国金融資対策(第1回)
[PR]
by DrMaeda2005 | 2006-01-26 14:59 | 私(前田)のこと
安井さん、起業、おめでとうございます!

 名瀬市IT企業塾を受講中の安井さんが、とうとう起業されました。

 個人事業主として、屋号は「奄いち」です。

 「奄いち」さんは、主に奄美の特産品を扱います。当面は奄美たんかんを、全国の物産展などで販売します。名瀬市IT企業塾で初めての起業家です。おめでとうございます。これから紆余曲折があるでしょうが、情熱の力で試練を乗り越えてくださいね。

 また、年内にIT企業塾の受講生(合計20名)のうち、2社が新工場の建設を始めます。こちらもご紹介できるときがきましたら、報告させて頂きますね。IT企業塾の受講生の大半は、既存製品・サービスに加えて、新商品・サービスを打ち出していきます。そして、これらを周知させるツールも習得しています。

 これから、はげしく、この地域(奄美)を揺さぶっていきたいですね(^○^)
[PR]
by DrMaeda2005 | 2006-01-25 18:58 | 活躍するOBたち
名瀬市IT企業塾の出席に関して

 1月~2月にかけて、みなさん、売り込みなどで島外に出張される機会が多いと思います。

 先日からは大島紬村の越間さんがヨーロッパ(ウィーン・ベルリン)に約1ヶ月。つむぎのにしさんは福岡・名古屋に約2週間。大喜食品さんは1月下旬から九州一帯で約1週間。「奄いち」さんは2月上旬から1ヶ月半本州を縦断します。

 名瀬市IT企業塾のスケジュールにあわせて、商機を逃してしまっては本末転倒です。機会があれば積極的に島外の販路を拡大してください。出張などで講習を受けれなかった方は、できるだけ柔軟に補講などで対処するよう、講師陣も努力します。

 この地域の産業を興し、そして地域の雇用環境を改善できるように、がんばっていきましょうね(^○^)
[PR]
by DrMaeda2005 | 2006-01-25 18:49 | 人材育成研修
つむぎのにしさん、快進撃!

 今日は所用があって、つむぎのにしさんのところに行って来ました。名古屋の展示会では、例の商品のプレスリリースがきいて、朝日新聞愛知版さんなどが取材にきてくださるそうです。その他にも、各方面で反響が出てきています。

 名古屋の展示会終了は1月31日。

 それまでに、名古屋で新聞記事が掲載されれば、本当に嬉しいですよね(^○^)


 インフルエンザ脳症の疑いで入院した、私の息子の真英ですが、本日、無事退院できました。精神的にも、肉体的にも、つらい4日間でしたが、これで、元の生活に戻れます。ご心配をお掛けして、また、お気遣い頂きまして、本当に皆さんありがとうございました。
[PR]
by DrMaeda2005 | 2006-01-25 18:36 | 活躍するOBたち
1月22日はホームページ講習とデジカメ基礎知識でした
 先日の講習はいかがだったでしょうか(^○^)

 デジカメの撮影の際に、私・不機嫌になってごめんなさいね。うまく取れないといらいらしちゃいます。補講をお受けになった、Yさん・Nさん、お疲れ様でした。Yさんは、あと半分の補講をSさんとお受け下さいね。

 それから、昨日から私の息子が入院しました。いまのところ、かなり回復していますので大丈夫です。ご心配をお掛けしてごめんなさい。金曜には状態もかなり良くなっていると思いますので、あらためてご報告しますね。
[PR]
by DrMaeda2005 | 2006-01-24 20:07 | 人材育成研修
つむぎのにしさん、プレスリリースの件
 本日(1月21日付)の南日本新聞で「つむぎのにし」さんが取り上げられましたので、ご紹介します。面白い紬関連商品ですよ。nisi2005さん、お疲れ様でした(^○^)
[PR]
by DrMaeda2005 | 2006-01-21 18:57 | 活躍するOBたち
セキュリティ関連の講習、お疲れ様でした。
 昨日は「インターネットの仕組みとセキュリティ関連」の講習でしたが、いかがだったでしょうか。

 どうしてもこの部分は「座学中の座学」になります。OSI参照モデル「アプリケーション層~物理層」。TCP/IPのこと。WWW。インターネットの歴史と仕組み。セキュリティ関連。インターネットの知的所有権。問題演習など。

 講習でご紹介したフリーソフトは使い勝手が良いものばかりです。とくにスパムメール対策として「Spam Mail Killer」は役に立つと思います。海外からのメール(ひらがなを含まないメール)は完全に遮断できますので、お困りの方はご検討くださいね。

 
 <訂正>
 うろ覚えで申し訳ありません。最初のコンピューターに関して。
 1942年 ABCマシン(弾丸の弾道計算用・実用化にはいたりません)
 1943年 Colossus(暗号解読用・ノルマンディ上陸作戦で効果を発揮)
 1946年 ENIAC(重量30トン。最初の電子計算機とされています)

 ※ミッドウェー海戦のAF。マッカーサーの「I Shall Return」は間違いなしでした(^○^)
[PR]
by DrMaeda2005 | 2006-01-21 15:21 | 人材育成研修