<   2006年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
南原竜樹さん、コラム開始
 先日、IT企業塾の受講修了者に対して講演をしてくださった南原竜樹さんが、Vivid car さんでコラムを始めましたので、お知らせします。

 南原竜樹さん
 俺は国際出稼ぎ人

 よろしければ、ご覧くださいね。
[PR]
by DrMaeda2005 | 2006-03-31 14:06 | 人材育成研修
有村グループさんの懇親会
a0068183_18214020.jpg

 3月3日に、有村グループ(名瀬市IT企業塾の受講生、森和富洋さんが勤務する有村商事さんのグループ)さんの社員懇親会があり、私、ご招待いただきましたので、参加してきました。

 懇親会の会場は、竜郷町の浜千鳥館さん。

 浜千鳥館には、黒糖焼酎工場も併設されています。焼酎の増産にむけて、完成した新工場も自由に見学できます。

a0068183_1826033.jpg


 待望の黒糖焼酎工場が完成したこともあり、意気揚々と懇親会が始まりました。

a0068183_18231953.jpg


 有村会長さんも、ご高齢にもかかわず、2時間の懇親会に出席され、グループのみなさまへあたたかい訓示などを行ってくださいました。親心で切々と社員のみなさまへ、日常生活の大切さを説く姿は、私も一種感動をおぼえました。

a0068183_1828513.jpg


 グループ懇親会に参加された社員の方は、約200名。懇親会の実行委員長は、森和富洋総務部長です。2週間たらずの準備期間にも関わらず、盛大な懇親会を開催できました。森さんもプレッシャーを感じていましたが、見事な切り盛りでした。

a0068183_18315593.jpg


 懇親会の最後は、Teba&Parmaさんが島唄と六調(ろくちょう)などで締めくくってくださいました。奄美大島でも人気の地元バンドでもあり、大変な盛り上がりでした。



 IT企業塾の受講生は個人で独立する方もいれば、森さんのように、企業の大切なポジションで数百人を束ねる方もいます。森さんの努力は、みんなが知るところ。これからもクルーザー観光事業だけではなく、管理職として、有村商事さんを引っ張って欲しいです。また、今後も受講生の良き相談役として、お願いしますね。

 有村グループ懇親会、さすがでした(^○^)
[PR]
by DrMaeda2005 | 2006-03-25 18:37 | 人材育成研修
若者セミナー「シゴトアワー」。
 3月18日に、ライブハウス「アシビ」さんで、若者セミナーが開催されました。私もパネリストとして参加させていただいたので、@やっちやばブログでセミナーの模様を掲載しています。よろしければ、ご覧ください。

 若者セミナー シゴトアワー
[PR]
by DrMaeda2005 | 2006-03-24 16:10
ひきこもりからIT社長に
 激安レンタルサーバーのロリポップなどで活躍する家入一真さんが紹介されています。よろしければ、ご覧くださいね。

 ひきこもりからIT社長に
[PR]
by DrMaeda2005 | 2006-03-20 15:56
南原竜樹氏の特別講演
a0068183_18523183.jpg 去る3月9日。
 名瀬市IT企業塾の受講修了者を対象に、オートトレーディングルフトジャパン株式会社の南原竜樹氏が特別講演をしてくださいました。

 う~ん。実にかっこいい方です。

 冷徹なる虎の一喝の前に、あえなく、私は撃沈。


 南原さんは次々とお話を繰り出します。講演でお話頂いた内容を列挙します。

 ・立っているものは、親でも使え。

 ・海外と国内の商慣習の違い。国内の各地域間でも商慣習は(めちゃくちゃ)違う。これらを踏まえた上で(地域格差かもしれないけれど、そういったことを言い訳にせずに)愛知から東京に進出するのも、奄美から東京に進出するのも差がないのだから、のびのびとチャレンジして欲しい。

 ・雇用一つをとっても、40代以上と以下では、意識が違う。終身雇用を念頭に生きてきた世代と、そうでない世代。常識にとらわれずに起業・新事業展開をはかってほしい。

 ・創業当初は金策に苦労。金融機関からつけられたあだ名は、5時ごろ男。仕事上の苦労は訓練だと思えば良い。鍛えてもらっていると思えば、苦労などなくなる。

 ・決算書の重要性。第一の転機は金融機関が次々と融資(合計1億5千万円)をしてくださったので当時の売上高10億円が1年で30億円に跳ね上がった。第二の転機は、ベンチャーキャピタルによる資金調達(6億円出資して頂いた)

 ・とても重要な人物と初めて会うときに緊張するのを防ぐには、場慣れで体得していくしかない。習得できるものではない。とにかく数をこなすしかない。

 ・日本で1番。地域で1番。とにかく1番にこだわってほしい。

 ・社内は30人まではワンマンでもどうにかなる。しかし、30人を超したら権限委譲を行い、組織作りにはげむ。焼肉店で社員全員がひとつのテーブルで食事をしたかった(規模を大きくしようとは考えていなかった)が、業界動向をみると、淘汰されていく傾向がはっきりしていたので、規模の拡大に乗り出した。成長期は、お客様の笑顔を考えていた。事業規模によるが、いまは従業員の笑顔を考えている。

 ・会社で働くのは修行だと思って、懸命に取り組んで欲しい。そうすることで、自分が磨かれる。努力する人材は、次々と社外へ出て行く。それで良いと思っている。仕事が楽しいかどうか。楽しければ休みはいらない。自分のスタイルができれば、休みはいらない。

a0068183_19222420.jpg 南原さんは、最初からトップスピードで、2時間休みなしにお話くださいました。

 その後の懇親会では、さらに突っ込んだ議論がなされ、参加されたみなさんも大いに励まされました。

 南原さんを軸に、奄美の特産品販売のチャネルがひとつひらけそうです。

 奄美の翌日は、マレーシア入りされた南原さんからメールを頂きました。

 「何か仕事しよう、、、」

 南原さんは、本当にアグレッシブな方ですよね(^○^)

 来年の今頃は、奄美地域でどれだけの経済効果が出ているか、いまから楽しみです。ご期待くださいね。南原さん、ほんとうに有難うございました。

(写真提供:大島新聞社、あまんゆ)
 
[PR]
by DrMaeda2005 | 2006-03-14 19:30 | 人材育成研修
安井さんの奄いちさん、大活躍
 さきほど知りましたので、ご紹介しますね。

 名瀬市IT企業塾で起業家第一号となった安井誠さん。安井さんは本年1月から個人事業主として「奄いち」を開業されました。現在、関東の物産展などで精一杯、奄美タンカンの販売をしています。

 私の商売とバッティングしますが、個人的には、安井さんに頑張って頂きたいと願うばかりです。(競合を増やしてどうするとか、そのような狭い了見で、私は名瀬市IT企業塾の塾長をお引き受けしたのではありません)安井さんの真摯な姿勢は、きっと多くの方に愛されると思います。

 どこを得意分野にするか次第ですが、安井さんには、美味しいものを「追求して」頂きたいです。彼が取り扱っているタンカンは、並みの業者さんの取り扱い品よりも高いレベルでしょう。ですが、さらに上を目指して欲しいものです。

 また、タンカン以外にも奄美の特産品を取り扱っていますので、ご興味のある方は、ぜひ、彼のホームページをご覧ください。

 奄いち
[PR]
by DrMaeda2005 | 2006-03-05 17:33 | 人材育成研修