<   2008年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
生まれたばかりの、小さな会社

 7月1日。
 私たちの会社「奄美ICT株式会社」が、この世に生まれた。生まれたばかりの、小さな会社で働くスタッフは、私(前田守)と山田卓矢さんの2人。右も左も分からないところから、手探りで会社を整えている。7月15日には将来のために就業規則も整えた。そして、禧久明子さんが入社してくださった。

 8月に入っても、この小さな会社を「一人前の会社」にするために、もがいている。

 7月下旬から始めた「奄振延長のための政策提言勉強会」は佳境を迎えている。あとは奄美市の優秀な職員のみなさんが、政策提言のとりまとめを行うばかりとなった。8月19日は大臣官房審議官の門野秀行さん一行の聞取調査に協力した。8月26日には今年度の「奄美ミュージアム推進会議」が開かれる。3ヵ年、委員を務めるこの会議も、今年が最後の年となる。

 8月14日。
 経済産業省の「地域商社的機能の検証」事業に、奄美ICT株式会社が選ばれた。この事業は、日本の地方が抱える課題のうち、もっとも切実なもの。すなわち、地方の魅力ある産品を、適正価格で流通にのせるための検証事業だ。応募も全国で99社と、地方の意欲ある企業が多数応募している。そのなかで、私たち奄美ICT株式会社のような、設立後1ヶ月足らずの会社が選ばれたことは異例だと思う。

 8月20日
 (財)日本視聴覚教育協会主催の「平成20年度 全国自作視聴覚教材コンクール」で私が監督を務めた郷土教材映画「愛加那~浜昼顔のごとく」が審査委員会特別賞を受賞した。9月19日の表彰式を待たないと論評は分からないが、とにかく、本作品は「群を抜く質の高さ」が評価されたとお聞きした。たくさんの人々の想いで出来た作品だけに、全国的に評価されたことがとても嬉しい。奄美新聞のO記者さん、南海日日新聞のH記者さんがさっそく取材してくださった。「奄美でもできる」というメッセージが、シマの人にも、内地の人にも、伝わるのではないだろうか。龍郷町では受賞記念の上映会も実施されるそうだ。

 8月21日。
 奄美王国と日本郵政のタイアップ「クリスマス企画」の商品開発に励んだ。前川水産の前川さんと貝細工のパッケージを話し合った。

 8月22日。
 家内と結婚して9回目の記念日。この日が経済産業省へ提出する書類の締切日。補足資料とあわせて20の書類を間に合わせた。この1ヶ月の間に、家内は交通事故に遭い、むち打ち症のリハビリをしながら仕事を続けている。奄美ICTが出来て2ヶ月。家内は16年続けた児童指導員の職を辞し、しばらく育児に励むこととなる。まだ先は分からないが、いつかは、一緒に働くことになるかもしれない。


 36歳。
 私と山田卓矢さんは小学・中学と同級生だった。そんな2人で立ち上げた会社だ。霞ヶ関の職員さんに電話をする時は、とても緊張する。でも、地域商社的機能の実証は、夢のあるチャレンジだ。山田卓矢さんはこれから半年の間に東京で40泊以上の出張を経験する。都合10回の上京だ。そこで得られる知識・技術・ノウハウを、奄美の地域生産者のみなさんにフィードバックしていく事になる。関係機関と島内の研修、生産者のみなさんへの密接な訪問は私が担当し、禧久さんが私たちをサポートする体制で、この事業に臨む。

 事業の展開を鑑みると、今秋には新たな人材を雇用することになるだろう。働く場が多くはない奄美大島で、たとえ規模は小さくても、雇用の機会を提供できるのは企業にとっての責任であり、喜びでもある。

 生まれたばかりの小さな会社。
 いま、大企業と呼ばれる企業も元をただせば、名も無いところからスタートしているのだ。私たちもかならず「一人前の企業」となって最適な規模で事業を展開していく。

 旺盛な資金需要と、新たな雇用を生み出す起業は、地域の活性化には必要不可欠なものだ。いま、私たち「奄美ICT」は、規模は小さなものの、この奄美の地で、しっかりと生きようと、もがいているところだ。


・全国自作視聴覚教材コンクール受賞作品(前田守監督作品)
 郷土教材映画「愛加那~浜昼顔のごとく」
[PR]
by drmaeda2005 | 2008-08-23 11:54 | 私(前田)のこと
DVD頒布決定!郷土教材映画「愛加那~浜昼顔のごとく」

 平成20年3月22日。
 息子の誕生日に、僕は郷土教材映画「愛加那~浜昼顔のごとく」の事業報告書を書いていた。翌日には奄美ミュージアム推進会議の関係で徳之島へ出張が決まっていたので、3月22日中に書き上げなければならなかった。


 「愛加那~浜昼顔のごとく」は、とくに1月下旬からの追い込み作業で、どんどんとカタチになっていった。土壇場でシーン構成を変更する事も多々あり、何より、不足する映像をどう補うかがポイントだった。


 「このままじゃあ、20分の作品しかできない」
 そんな泣き言は、もううんざりだった。


 シナリオを掘り起こしていくこと。言葉の狭間に埋もれていった想いを蘇らせること。そして、家族・親子のメタファー(暗喩)を随所に盛り込むこと。


 予算の制約に対抗するのは、いつも創意工夫だ。
 デスペラードの前身となった「エルマリアッチ」は製作費7000ドルにも関わらず、作品の完成度から高く評価されることになった。


 私たちが、少なくとも私が、この作品に取り組んだのは歴史上の人物を描けるからではない。私は、この作品の根底にあるテーマに惹かれたのだ。


 150年ほど前、この奄美の島々で織りなされた人間模様。

 それは、いまでも、この島々の至るところで溢れている。西郷隆盛だから、西郷菊次郎だから、愛加那だから、ではない。150年経ったいまでも、私たち・シマで暮らす人のほとんどが経験する宿命が根底にあり、そこから成長する人々がいると思えてならないのだ。

 このテーマこそが、シマッチュ(島人)の心を打ち、時に涙を誘い、時に、たくましく生きる姿に強く励まされるのではないだろうか。



 不足する映像を補うエピソードを探していた。
 大西郷全集に目を通していた。

 そこには、人として成長していく西郷隆盛の赤裸々な言葉があった。苦悩し、自暴自棄になり、そして、家族を想う男がいた。

 「子ども達が思い出されてならない。」

 死と向かい合った人間が、試練を正面から受け止め、耐えながらも「子ども達が思い出されてならない」と手紙を送る。

 西郷隆盛全集には、母への想い溢れる西郷菊次郎の書簡が納められている。

 「このお手紙でお母さんの心を慰めたいのです。」


 私は涙が止まらなかった。
 150年前と、いま。


 いったい、人の「想い」とは変わるものだろうか。


 ――――――――――――
 髪は断ち切ることができても、
 心は断ち切れまい。
 ――――――――――――
 代表的日本人で紹介されている西郷さんの詩だ。



 郷土教材映画「愛加那~浜昼顔のごとく」が、待望のDVDとなりました。島外にお住まいの奄美出身者をはじめ、本作品を視聴したいというご要望に、やっとお応えできます。

 「愛加那~浜昼顔のごとく」DVDをご希望の方は、下記のページをご覧ください。


 郷土教材映画「愛加那~浜昼顔のごとく」DVD頒布のお知らせ



 ※DVD初版1000枚のみ、頒布予定です。
[PR]
by drmaeda2005 | 2008-08-12 11:58 | 私(前田)のこと