STAY DREAM を聴きながら

 6月2日。
 新事業の創業にむけて金融機関で事業計画等を説明し、資金調達の交渉に入った。この日のために、家族、スタッフ、会社のさまざまな想いを受け止めてきた。痛烈な批判も浴びた。意図せね別れもあった。将来を僕に預けてくれるスタッフも加わった。

 人生はみずからの力でつかみとるもの。
 行動を妨げようとする自分の心の弱さに打ち克つこと。


 6月3日。
 政府系金融機関との交渉に入った。今回の資金調達は、民間金融機関・商工会議所・政府系金融機関の連携による創業者向けの創業資金を活用する。通常は数ヶ月、時間を要することもあるが、そんなにのんびりはしていられない。6月中には、目処をたてたいのだ。


 6月4日。
 民間金融機関からGOサインを頂いた。その足で、商工会議所さんへ提出する書類を受け取って、資料作りを始めた。あいにく担当者が出張中だが、彼が帰ってきたらすぐに書類を提出できるように資料を作成した。

 6月5日。
 合資会社アットマークやっちゃばから頂く最後のお給料。いろいろな想いが交錯して、一人、涙を流した。

 6月6日・7日。会社が設立できるまでの、個人事業の開業届け等の書類作り。新しいスタッフの雇用や保険の問題も協議し、適切な形式でできるようにした。

 6月8日。
 心を落ち着けるために1日休んだ。久しぶりに、子ども達と接することで、僕は癒された。


 6月9日。
 民間金融機関へ保証人等の証明書類等を提出した。保証人は家内と父。証明書類の提出のあとで、保証人への面接も実施して頂いた。商工会議所へも書類を提出した。

 6月10日。
 商工会議所で最終確認をして頂いた。ベテランの指導員さんがスムーズに仕事をしてくださった事もあり、きわめて順調に進んだ。翌日には商工会議所からGOサインを頂き、商工会議所経由で政府系金融機関へ審査申込が行われた。

 6月13日。
 民間金融機関さんが事務所の現地調査にいらっしゃった。新しい口座を作り、将来にむけて積立も申し込んだ。この日から龍郷町中央公民館講座「起業家・経営者応援塾」が始まった。

 6月15日。
 政府系金融機関さんの面談。思いのたけをお伝えした。某研究所さんと共同提案の形式でモデル事業の公募に参加する方針を固めた。


 6月18日。
 政府系金融機関さんによる担保物件の現地確認。身体障害者の父が、みずからの人生をかけて開墾してきた畑を担保として、今回の資金調達に提供してもらうことになった。父の唯一の財産だ。父の子ども達は長男の私も含め5人いる。

 「このシマに残った息子はお前だけだ」

 父はそういって畑を担保に提供してくれた。36歳になっても、人の親になっても、僕はまだ父の応援がなければ独り立ちできない。これからの事業を、なんとしてでも勝ち続ける意欲がふつふつと沸いてきた。


 稲盛和夫先生は、私に、次のように答えてくださった。

 「ふるさとへの想い、家族への想い、従業員への想い。創業当初の時期で、悩みましたけれども、あれが稲盛和夫の始まりでした」


 ある金融機関の職員は、起業家を育成する使命を心から訴えてくれた。彼も、このシマで生きる中で、葛藤がありながらも、より良いシマを目指している。



 中学生の頃、僕は3年間、新聞配達を続けた。

 台風の日も新聞を配ったものだ。そのころ、わずかばかりの報酬で買い求めたレコードがあった。長渕剛さんの「STAY DREAM」だ。もう今では長渕を聞かなくなったけれども、久しぶりに聞きたくなった。


 非難や批判は、裏を返せば、相手の心の悲鳴。
 そう思っている。
 
 どれだけ自己肯定の言葉を並べようが、聞いているのがつらいほど、悲鳴が聞こえてくる。言葉ではなく、その背中が、実証している生き方が真実を伝えてくる。美辞麗句を並べたところで「なんのために生きているのか」をみれば、伝わってくる。


 人生は、みずからの力で掴み取るもの。
 だからこそ、人生は思い描いたとおりになる。

 いつだって不可能を可能にする原動力は「想い」だ。

 成功は時間の問題にすぎない。


 誰の人生でもない。
 自分の人生だ。 
[PR]
# by drmaeda2005 | 2008-06-19 11:19
第1回OB勉強会(幹事:南さん)が始まりました

 5月31日。
 いままで森さんを中心に行ってきたOB勉強会とは別に、南さんを中心に第1回OB勉強会が始まりました。当日は月末のご多忙な時期にもかかわらず、11名の方が参加してくださいました。

 勉強会は南さんの挨拶で始まり、次に、私が「奄美地域でOB勉強会を開く意義」をお話しして、あわせて、他の公的な人材育成研修の事などもご紹介しました。

 ご無沙汰していた農業者のYさん、就職が決まったFさん、酒店のMさん、スポーツ専門店のYさんなど、久しぶりにお会いできて嬉しかったです。

 各自の自己紹介と近況報告を行い、その後、ランチェスター経営の戦略社長を学びました。懇親会を予定していたこともあり、駆け足になりましたが、久しぶりの学びに、みなさん、燃えたようです。

 勉強会には時間の都合で参加できなかったけれども、懇親会に参加して頂いた方が4名もいらっしゃいました。トケイ店のNさん、最年少市議になったIさん、アパレル販売のHさん、テレビカメラマンになったEさん、お会いできて嬉しかったです。

 稲盛先生の講演会の話で盛り上がりましたね(^○^)

 これからもよろしくお願いしますね。
[PR]
# by drmaeda2005 | 2008-06-01 11:28 | 人材育成研修
第4回OB勉強会(幹事:森さん)を実施しました

 5月28日。
 第4回OB勉強会が開催されました。

 梅雨に入った事もあり、今回は5名参加と出席された方は少なかったのですが、いつもどおり、真剣に学びました。ぶどう館のIさんの手書きチラシの事例紹介は、とっても良かったです。

 竹田陽一先生の「戦略社長」も第三巻(戦略と戦術)に入って、内容もさることながら、ニヒルなジョークがたまらないですよね(^○^)

 5月20日の鹿児島県議団のみなさんとのお話し合いが済んでから、私の体調は絶不調で、もう10日が過ぎますが、まだ、寝違いのような感じで左の首・肩が痛いです。

 精神的にもハードな交渉、タフな交渉が続いており、5月28日は、ほんとうに疲れのピークでしたが、勉強会の開始前に飲んだ栄養剤が良かったのか、無事、勉強会を開催できました。

 勉強会終了後、3年前に起業されたご夫婦から報告がありました。起業にあたり金融機関から融資をして頂いたのですが、まもなく完済できそうだということ。業績も年々あがっていますので、この調子で、頑張ってほしいものです。

 まだまだ試練は続くでしょうが、いまは「前を向いたら、後ろは振り向くな」の精神で、突き進むのみです。

 「頼むから、ついてきてくれ、この体」

 もう36歳だったりします(^○^)

 
a0068183_17582261.jpg


 写真でみると、まだ首が曲がっていますね(^○^)

 5月31日からはMさんたちの主宰のOB勉強会が始まりますよ。


 写真提供:森幹事さん
[PR]
# by drmaeda2005 | 2008-05-30 17:58 | 人材育成研修
龍郷町中央公民館講座「龍郷 起業家・経営者応援塾」について
 @やっちやばの前田です。
 umi19さんからの質問がありましたので、6月13日開講予定の龍郷町中央公民館講座「起業家・経営者応援塾」についてお知らせします。

 受講生の募集に関しては、龍郷町中央公民館様(0997-62-3110)に直接お問い合わせください。私は講師として指導だけを行いますので、受講生の選定等はすべて龍郷町中央公民館様が行います。


 時間:6月13日(金曜)午後7時~ 毎回3時間ぐらい。
 定員:20名ぐらい(先着順になります。早めにお申込ください。)
 回数:全7回の予定
 受講者負担:テキスト及び筆ペン代 合計3500円

主に以下のような内容を学んでいきます。

IT企業塾メソッドのうち、コミュニケーションを軸にマーケティング・プロモーションの仕組みを学びます。なお、本講座中に龍郷町中央公民館様が所有する「出村邦彦の手書きチラシ実践セミナー」教材とランチェスター経営「戦略社長塾」映像教材も学習します。

竹田陽一先生のランチェスター経営戦略をじっくりと学べて、すぐにできる出村邦彦先生の手書きチラシを習得できて、IT企業塾メソッドのうち、プロモーションの仕組みが学べますので、短期間ですが、非常に内容の濃い講座になるでしょう。

本講座は機材の関係で(龍郷町中央公民館にはPCやソフトがありませんので)IT実技は行いませんので、ご了承ください。

なお、本講座は保館長さんの真摯な想いがきっかけとなって開催できることになりました。本講座を実施することによって、奄美大島北部で、起業家のみなさん・経営者のみなさんが交流できる拠点や組織ができれば、嬉しい限りです。

短期間ですが、機会がありましたら、ともに学び、実践していきましょう。どうぞ、よろしくお願いします。
[PR]
# by drmaeda2005 | 2008-05-22 17:18
鹿児島県議団のみなさんとの情報交換会

 おさんぽ案内人こと、安田商店(あまみ屋)の 安田 GONTA 裕三さんから、鹿児島県議団のみなさんとの情報交換会の写真を頂きましたので、掲載しますね。

a0068183_15365687.jpg


 燃える泥染め職人山元隆広さんと、ふるさと奄美の和田克子さん

a0068183_15372635.jpg


 私(前田)も積極的に発言しました。

a0068183_15381080.jpg


 県議団のみなさんとの意見交換会の風景。

 裕三さん、いつも有難うございます。
[PR]
# by drmaeda2005 | 2008-05-22 15:39
鹿児島県議会企画建設委員会のみなさんの視察及び意見交換会

 2008年5月20日。

 鹿児島県議会企画建設委員会のみなさまがアットマークやっちゃばにお越しくださって、奄美王国事業、IT研修事業、制作事業について、視察されました。

 視察は、企画建設委員会の宇田委員長さんの挨拶で始まり、議員の先生方、県庁のみなさんの紹介が済むと、すぐに本題に入りました。

 離島におけるITを活用した事業の実際を、豊富な資料をもとに説明させて頂きましたが、県議のみなさんは、ほんとうに真剣でした。限られた時間でしたが、私は、いま、この奄美地域で起こっていること(=ITを活用した事業によって、シマで暮らす方々、とくに若い方々が活躍していること)を、精一杯、お話させていただきました。

 途中、5分ほどお時間を頂いて、いま奄美で話題になっている、郷土教材映画「愛加那 ~ 浜昼顔のごとく」のオープニング部分を、県議団のみなさんに視聴して頂いたところ、大絶賛でした。大きなプロダクションでなくても、私たちのような小さな会社でも、このような映像が制作できるということに、みなさん、驚かれていました。

 昨日の南海日日新聞の記事「記者の目」で、久岡学記者さんが書かれた「奄美だから製作できた」という記事も添付資料として、お渡ししました。


 その後、大島支庁に移動して、1時間ほど、情報交換を行いました。

 情報交換会には、AISジャパン様と、奄美王国の参加企業のみなさんが参加され、インターネットを活用した特産品販売について、かなり突っ込んだ意見がなされました。

 県議団は鹿児島各地の先生方で構成されていましたが、この奄美大島視察で「地元の枕崎に戻って、もういちど、情報発信もふくめ、地域のみんなと熱い気持ちで取り組んでいきたい」と、おっしゃって頂いたこと、ほんとうに嬉しかったです。

 また、意見交換会に参加された、泥染め職人の山元隆広さんは「大島紬業界は苦しいけれども、ひとつの分野で、智恵と工夫で頑張って」いることを訴えてくれました。同じく、Iターンされてネット販売を始めた「ふるさと奄美」の和田克子さんは、シマでネット販売を行う意義を指摘されました。AISジャパンさんも地域の雇用力等をおっしゃってました。

 私が意見交換会でお話したのは、たとえ規模は小さくても、企業や事業主を育成することで、地域に雇用が生まれる。ネット販売の売れ筋(ネーミングや消費者の好みなど、かなり具体的な質問にお答えしました)ネット販売の仕組み、タンカンの品質基準について等でした。

 うまくお伝えできませんが、この奄美の地で、精一杯、頑張っている若者がいるということ。この事だけでも、理解していただければと思います。随行者も含めて25名ぐらいのみなさんが、やっちやば研修室にお越しになりましたので、通路で立ち見をする職員さんもいたほどです。

 私も相当緊張しました。

 以下、視察の風景です。

 
a0068183_19311622.jpg

 
a0068183_19313584.jpg

 
a0068183_19315380.jpg



 参加されたみなさん、ほんとうにお疲れ様でした。有難うございました。


 
[PR]
# by drmaeda2005 | 2008-05-20 19:37 | 人材育成研修
今夜はOB勉強会

 5月14日。
 今夜は3度目のOB勉強会です。

 mori2006さんが先頭にたって始まったIT企業塾・人材塾OB勉強会も随分、波に乗ってきたようです。今日のテキストはもう3週間前に作成済みで、私・余裕綽々です。あと3時間ほどで始まりますね。もう、いまからわくわくしちゃっていますよ。

 MさんもOB勉強会を別途立ち上げるそうで、もう、この夏はすごい事になりそうです。

 6月13日から龍郷町中央公民館様で「龍郷起業家・経営者応援塾」を全7回で開催することになりました。この塾が、やがては、奄美大島北部の若手起業家・経営者のみなさまの活動拠点になればと願ってやみません。


 郷土教材映画「愛加那~浜昼顔のごとく」の奄美市での上映会(5月24日・名瀬公民館)ですが、いま、すごい反響ですから、相当、楽しみです。近いうちに、また地元新聞で郷土教材映画の記事がでますので、ご期待ください。

 5月20日には、鹿児島県議会のみなさんの視察及び意見交換会にも参加します。金子県議長さんから「奄美におけるIT戦略を述べていただいて、県に要望することなどあれば、ご遠慮なくご意見ください」とお言葉を頂いていますので、ご遠慮なく、ご意見させていただこうと思います。

 奄美の特産品の情報発信は、これからも末広がりで成長していかねばなりません。

 さて、今夜も頑張りますね。
[PR]
# by drmaeda2005 | 2008-05-14 16:19 | 人材育成研修
奄美群島振興開発審議会委員さんとの意見交換会


 5月9日。

 定刻より20分早めに、奄美群島振興開発審議会委員のみなさんとの意見交換会が始まりました。参加されたみなさんの意欲は大変なものがありました。


 あっという間に2時間が過ぎた意見交換会。


 農業、道路、観光、IT、起業、学校教育など、多岐にわたる意見が出され、地元で暮らす私も知らないことがたくさんあって、すごく勉強になりました。タンカンのブランド化にむけた、光センサー付きの選果場も議題に上り、平田市長から名瀬中央青果市場の活性化等も意見がありました。

 私は、インターネット販売を軸とした通信販売のこと。社会人対象の人材育成研修のこと(IT経営と起業)。情報発信の事などをお話しました。とても緊張しましたが、とにかく、いま、話せることを話しました。


 最後は時間の関係で発言できなかったのですが、若林委員さんから「情報発信」のコンセンサス等の質問がありましたが、IT企業塾のこと(実例)をお話したかったです。


奄美群島振興開発審議会
 会長:宮廻甫充氏。副会長:松本英昭氏。
 委員のみなさん:出水沢藍子氏。川島毅氏。新田弘子氏。濱田百合子氏。吉見美香氏。若林勝三氏。

奄美群島市町村長
 平田隆義奄美市長。永田武光大和村長。國馬和範宇検村長。房克臣瀬戸内町長。田畑茂光龍郷町長。加藤啓雄喜界町長。高岡秀規徳之島町長。大久幸介天城町長。大久保明伊仙町長。

民間参加者
 西条和久氏。山口敏光氏。叶良久氏。私(@やっちやばの前田)。

内波謙一大臣官房審議官。山田裕章鹿児島県企画部長。元山義和大島支庁長。堂前博文鹿児島県離島振興課長。
[PR]
# by drmaeda2005 | 2008-05-09 20:36 | 人材育成研修
IT企業塾OB勉強会(ランチェスター経営・戦略社長塾)


 4月26日(土曜)
 OBのみなさんのご要望にお応えして、OB勉強会(ランチェスター経営・戦略社長塾)を開催しました。奄美大島で、たぶんはじめての戦略社長塾。参加されたみなさん、いかがだったでしょうか。

 第1回の内容は、現状分析と経営改善の科学的手順。

 現状分析は、いくつかの指標をもとに従業員1人あたりの貢献具合などを数字で表す内容でした。正直なところ、この部分を得意とする方は少ないので、大変勉強になりましたね。

 経営改善の科学的手順は全体像をとらえ、8大要因を押さえ、ウェート付けをしていくところまで、でした。

 戦略社長塾は竹田陽一先生の映像教材を利用して進められますが、1本(約1時間)の映像をみて、随時、受講生の様子をみながら、説明を加える形にしましたので、1本終わるのに2時間半ぐらいかかりました。

 第1回の勉強会のときの特別ゲストは堤幸男先生でしたが、今回の飛び込みゲストは「奄美のトラさん」こと花井恒三さんでした(^○^)

 4月26日付けの南海日日新聞の「奄美振興特別措置法」特集(久岡学さんの特集)で花井さんが4つの提言をされていましたが、その中のひとつ「IT集積バブル」について、いろいろとお話くださいました。

 花井さんが、「このOB勉強会で奄美地域のIT企業の柱が育ってくだされば」とお話いただいたのは嬉しかったです。

 毎月1回の勉強会の予定でしたが、OBのみなさんの要望を受け、毎月2回(2週で1回)のペースに変更します。また、映像教材をみながら進める勉強会ですから、参加者は最大でも8名ぐらいに抑えたほうが進行しやすいと感じています。参加者が多くなったら、2グループとかに分けて、それぞれグループリーダーを選んでいただいて、実施していきましょう。

 とにかく久しぶりでしたので、私も嬉しかったです。受講されたみなさんも大満足されたのではないでしょうか(^○^)

 ココロの中のもやもやっとした部分が消えてよかったです。

 
a0068183_1635234.jpg


 写真提供:inayuu2006さん
[PR]
# by drmaeda2005 | 2008-04-27 16:36
出村邦彦の手書きチラシ実践セミナー教材、好評販売中!
【本気で売上をあげたい方へ】---奄美王国事務局から!
手書きチラシ実践セミナーが待望の映像教材となりました↓
本気で売上をあげたい方へ。手書きチラシ実践セミナー教材、好評販売中!
[PR]
# by drmaeda2005 | 2008-04-25 00:00